自由にたのしく、じぶんらしく。

何かを基準に生きて不安になるより 自分を基準に生きて社会に疲れる方がいい。

過去に嫉妬

こんにちは。

台風が去った後は、なんだか涼しい日が続きそうですね。

夏も終わるんだなー。もう9月末だもんね。

 

さて、ハノジに先日過去について根掘り葉掘り聞かれたのだけど、それを聞いたところでハノジの態度や対応にそんなに変化を感じないので(いや、ちょっと仲良し度が増した?)

ふーん、と思っているんですが。

 

なぜ、ふーん、と思っているかというと

私は相手の過去を基本的にはそんなに聞きたいと思ってないから。

男の人って聞いてもないのに勝手にベラベラと自分の恋愛遍歴を話すイメージがある。

どうでもいいと思ってる人なら、本当にどうでもいいのだけど、いいな、と思ってる人だとショックだったりする。

特に、これくらい好きだと思ってる相手(ハノジ)だと、過去に嫉妬してしまうので(それが意味ないと分かっていても)すごく嫌な気持ちになる。

 

その辺のことを、うまく代弁してくれている記事を見つけた。

【第29回】過去への嫉妬 

https://amanoshokudo.jp/regular/saeri/12039/ 

 

そう、羨ましくなっちゃうんだよね。

彼の過去を一緒に過ごしていたかつての恋人に対して。

自分だってそうじゃん、なんだけどさ。

でも、嫌なものは嫌。

なので、知らないのが1番!そもそも過去なんだし。知る必要なし。

私は、そう思ってるんだけど。

 

この記事に書いてあるように、過去の話になってしまうときはあると思う。意図せず。

そんなときに、でもめぐと行きたいな、とか、でもめぐの方がいいな、とか

打消しの言葉をセットで言ってくれたらいい、と本当に思う。

そして、私は意図せずとも、ハノジに過去の話を言わされている時、全部、打消しの言葉をつけていた気がする笑

これはもう、無意識で。

でもね、やっぱりハノジが1番好き!これからもずっと一緒に居たい!って。

だから、ハノジは平気なんじゃないかと、勝手に思う笑

(もちろん、全てを話していないと言うのもあるが)

 

伝え方ってやっぱり大事だよね、と思う。

そして、やっぱり過去は過去。

なかなか割り切れなくても、きっと本人は私が気にするほど、ほとんどのことを覚えていない。

私はかなり気を付けて、過去の話や元旦那の話をしないようにしてるのになー。

 

色んな過去があった。でも今は、○○が好きで、これからも一緒に居ようと思ってる、ということを常に感じられたら、安心するような気がする。

 

ほんとは、過去より今なんだけどね。

ハノジはどちらかと言うと未来への不安の方が強いかも。

私の態度が変わったら、他に男ができたと思う、と言うから、え、そんなの男とは限らないじゃん、と言ったら、でも俺はそう思っちゃう、と言ってて。

なぜ。

逆に私は、あんまり未来への不安はないかも。やっていけるのか?という心配はあるけど笑

 

過去に嫉妬するとか、未来を不安に思うとか、人によって向いてる方向って違うんだなぁ。