自由にたのしく、じぶんらしく。

何かを基準に生きて不安になるより 自分を基準に生きて社会に疲れる方がいい。

支配的

似てるなぁ、と思うことがチラホラあるんです。

母親とハノジ。

 

元彼のときもそうだった。母親と似てると思ったことが何度かある。

どこが、というと、タイトルの通り。

 

自分の思いどおりに私を動かそうとするところ。

それは、不安から来ているんだろう、と思うから、ある程度は許容しようと思うのだけど

たまに、結構しんどいときもある。

 

母親の場合、親子だから縁が切れないのと、子育てという大義名分があるので

恋人よりしんどかったと思う。

今はもう疎遠なので(年イチは仕方なく会うけど)、影響はそこまで受けていないが

子どもの頃のことは、どうしてもぬぐえない。

 

基本的に悪意はないのだと思うけど、私が意思を持つこと(相手の望む形ではない意思)を、認めてもらえない。

 

からしたら、それじゃ失敗するんじゃないかという親心だったり

そんなことを思うなんて私の子どもではない!みたいなものだったり

母親の場合は劣等感も強かったので、自分より格下の人間が必要だったこともあり

私と父親は、出来の悪い人間として家族の中に存在した。

 

ハノジに感じる、母親との共通点は

例えば、外食のメニューを自分の食べたいものを選べないところ。

母親が決めたものしか選べなかった過去がある私ですが

ハノジもその傾向が強くて、自分が決めたものを私に食べさせようとする。

あれ、なんなんだろね?餌付け感覚なの?笑

 

あとは、私を格下に置こうとするところ。

元々わりと私は恋人にペット扱いされることが多いので、そんなに気にしないのだけど

ハノジは歴代彼氏の中でもダントツで私を子ども扱いする。

俺がいないとダメなんだから、と、思いたいんだろうなぁと思うけど

20年もシングルマザーとして自立して生きてきた人を捕まえて、ホントに一部分しか見えてないのね、と思う。

 

この辺りも、真剣に怒られるときはちょっと凹むけど

まぁ、ハノジが気分良くなるんなら、私は出来ない人で良いよ、と思っている。

 

親といるときは、制限が多すぎて(言い方も、お前みたいな人間が調子に乗るな的な言い方だったし)

とてもじゃないけど一緒に住んでいられないと思って、家を出たけど

ハノジの場合は、私を愛でる部分も感じるので、今のところは平気。

 

ただ、これから先、自分を保つために私を格下に見るのだとしたら

そのときは、そこに愛がないので無理になるかもしれない。

 

しかし、思うのは、なぜあんなに嫌だと思って家を出たのに

支配的な人を好きになってしまうんだろう、というところ。

 

願望として、意思を持つことをやめたい、誰かの思うままになってしまいたい、というものが

実は私の中にはある。

それが、本当にそう思っているのか、意思を持つことで怒られてきたので、それが嫌だからそう思ってしまうのか

もはや、昔からの思いなので、どちらが先かは分からない(鶏が先か、卵が先か的な)。

 

でも、どちらが先だとしても、私のなかにその願望があるのは拭えないので

そういう人に惹かれてしまう、または、そういう人を惹き付けてしまう

または、そういう人に出会ったときに、私がそうなってしまう

その、どれかなのか、と思っている。

 

この話の結論としては、それでも私が幸せだと思えるのなら、どんな形でも構わないのだけど

傷ついてきた、支配的な人のもとに居続けることで

私自身は、自分を傷つけ続けるんじゃないかという心配。

 

今は、相手のコントロールを感じながら、そこを自己コントロールして対応している、つもり。

ハノジはそうしたいんだね、私は違うけど、でも今回はハノジの提案に乗ろうかな、と決断して決める。

ハノジに反論するのが怖いから、とか、ハノジの思い通りにしなきゃいけないから、とか

そういう理由で、ハノジの意に沿うことをしているわけではない、と私が思えていることが大事。

まぁ、反論するの面倒だし、反論するほどでもないしな、という諦めも多いけど。

 

親の時とダントツで違うのはそこで、子どもの頃は自活できなかったので、従うしかない場合もあった。

でも今は、例え一緒に暮らしても、私は貯金もあるし仕事も出来るので、別れると言う選択が出来る。

これは大きい。

 

なぜこんなにも惹かれてしまうのかは、謎なんだけど。

基本、顔で好きになってるんだけど

でも、ハノジの場合は中身を知ってさらに好きになったもんなぁ。

 

よく昔言ってたのは、私に反論できるくらいの人じゃないと成り立たない、と言うこと。

なんでも私を優先しようとする人だと、その人の本心が見えないので、私も気を遣ってしまって

元々気を遣うのが好きじゃないと言うか、疲れるので、恋人同士で気遣いし合うことをしたくない。

(最低限の気遣いは必要だと思うけど)

(でも、今、あるかと言われると、、)

 

まぁ、そういう面で、意思の強さと自己主張の強いハノジは好き、だけど

 

でも、支配的なところが好きなのか?と言われたら、違うんだよなー。

ただ、たまに猛烈に襲いかかる(支配されてしまいたい、意思なんて持っていたくない)と思ってしまう感情があるから

変に結び付いてるんだろうな。

でも、コントロールされるの嫌なのにな。

なんなんだろう。笑

 

ハノジの人生の駒になりたくない、と言いながら

ハノジの人生の駒になってしまいたい、と同時に思う。

 

ハノジは、私の思いを感じ取ってるのかな。無意識に。

 

私の本心って一体なんだろう。

 

きっと、すごくすごくすごくシンプルなはず。

 

傷つきたくはないんだけどな。

機嫌悪かったり、怒られる、と思うときは本当に怖すぎて呼吸が浅くなるのに

なぜ、ハノジが好きなんだろう。

こんなに私に怖い思いをさせる人なのに。

母親に感じてたときくらいに。

 

これからもきっと、ずっとずっと私はハノジが怖い。

それでもやっぱり、どうしても好きなんだろう。