自由にたのしく、じぶんらしく。

恋愛と美容とおいしいもの。

生き抜いた

お疲れさまです。
死んじゃうかと思ったけど、死んでないです。

もう、朝から気持ちが不安定で、緊急事態宣言も相まって
「宣言出たら会えないねー」
なんて言われると、これを口実に会いたくないってこと?!
とか、なっちゃって。

だめだ、死ぬ。
でも、LINEだと長くなるし重くなるし…
と思って、電話で話したよ。

電話してもいい?って聞いてからのやり取りが普通だったので
アレ?
なんか…普通だな…
とは、思ってたんだけど。

案の定(?)、取り越し苦労でした笑

疲れたは疲れたけど、私に疲れたというか
家に人を呼ぶことに慣れてないから疲れた、みたいな。

で、あまりにも普通の対応をされるので
いろいろ言い出しにくくなっちゃったんだけど(温度差激しすぎて)
とりあえず、思ったことは言わないと意味ないと思ったから
やっぱりまだよく知らない人だから緊張してたり不安になったりしたことや
そのせいで変にテンション高かったり、甘えすぎたり
その辺りを話したけど、なんか別にそんなに、そう?みたいな笑

もう、えええー!って感じだけど笑

俺あんまりいろいろ気にしないし、って言われて
まぁ、男の人って大体そうなんだよなぁと思ってたけど…
そっかー、うーん、じゃあまぁいっか!みたいな笑

最初、私の伝えていることの意味がよくわからないと言われて。
たぶん、なにを気にしているのかすら、分からなかったのかも。
些細すぎて!?笑
これはこれで、ちょっと心配になるけど…
(やっぱり気付けない男なのかも。てゆーか私の求める水準が高すぎる?)

でもまぁ、私は気にしてたことを言えたし
ずっと気にしちゃってて、だから話そうと思って電話しました!と言ったら
はい、って返事されたので、きっと平気?笑
笑って喋れたし、顔は見てないけど「キョトン」みたいな顔してそうな声のトーンだった。

はー、もう、死ぬ思いで電話したのにー。
まぁ良かったけど。
もう、別れるしかないかと思った。
我ながら大袈裟だなぁ。

なんか、たぶん私がこれくらい人を好きになるのは
約10年ぶりなんだよね。
その10年の間に、元彼と沢村氏とメガネが存在するんだけど、ここまで気持ちが揺さぶられなかった。

その、10年前の失恋が、本当に呼吸が一瞬できなくなるほどのショックで
それ以来、もう私は人を本気で好きになれないのかと思ってた。

でも、今回こんな風にまた恋愛することになって
成長してないなぁ、と実感。笑
グラグラ不安定すぎて、職場でもうまく笑えなくて
でも今、平気だ!って分かったら、スキップしたいくらいに軽い気持ち!!

10年前の失恋は、子どもが理由だったから、どうしようもなかったんだよな。
だからこそ余計、引っ掛かってる。

でも、そのにいはバツイチだし子どももいるから理解あるし
その点は、安心できる。

私の怯えすぎなところは、やっぱりちょっと気になるみたいだけど
まー、過去になんかあったのかな?って思ってるけど、と言われて
まぁ、たぶん母親とか高校時代のバイト先とか、心当たりはあるものの
だけど、治せと言われていきなりは無理なので(反射だから)
慣れてもらうしかないかなぁ。
嫌だとは言われてなくて、気になるってことだとは思うけど。
ちなみに、物音にすぐビクッとするところは、沢村氏にはとても気に入られていたんだけどな笑
ほんと、人それぞれだね。

でも、とりあえず良かった。
昔の元彼にもメールしちゃったよ、まぁ返事来てないし、誘ったりはしてないからいっか。

今回の件でも、進藤の件でもそうだけど
無理!って思うと私は全速力で逃げようとしちゃうんだよなぁ。
そうでなきゃ気持ちが持たないからなんだけど
だからこそ、誰かと生涯を過ごすなんて、やっぱり無理なんじゃないかと思えてきて。

やっぱり、どこかで自分に向き合うしかないんだよな。
それは常々思ってたけど、逃げてなんとかなるなら、逃げ続ける人生で構わないと思ってたんだ。

でも…もし向き合うとしたら、理解してくれる人たちがいる時にするのがいいよな…って思ってきて。

つまり、年上同僚と年下同僚と大好きな部長がいる、今の職場で。
心を支えてもらいながら、私の苦手と向き合う。
無理!となったときに全速力で逃げ出したくなる私のことを、どうしたらいいのか、どう理解したらいいのか。

それに、気持ちが不安定すぎて、このまま転職するのが危ない気がした笑

難解くんがしんどい、とかもあるけど
仕事は慣れてるし、休みも比較的取りやすいし、そういう意味でもう一年、居てもいいかなって思ってきた。
私の精神バランスがバラバラになりそうだから笑
そのにいとの関係がもう少し落ち着かないと、転職難しそう。
まー、独り暮らしはするからなあ。
それだけでも充分か!!

はー、お騒がせしました(一人で騒いでただけだけど笑)