自由にたのしく、じぶんらしく。

恋愛と美容とおいしいもの。

ストレングス

こんばんは。
今日は昨日のピラティスの筋肉痛と戦いながら出掛けてきました笑
気分転換にはなったけど、めちゃくちゃ楽しかった!とまでは、いかないかな。
まぁ、想定内な感じなのでストレスも発生せず。
明日は軽く登山なので、今日もだけど、体が疲れて眠るのは大切。
無駄なこと考えられなくなるので。

とか言いつつ、朝検索してたことを実行に移してました。
私はまず、私のことをもっともっと知らなくてはならない、と思ったし
私が恋人がいないと立っていられないと思ってしまうのは
やっぱり劣等感から未だに抜け出せていないからなんじゃないかと思ったから。

幼稚園時代からの振り返りを行った。ノートを作ったので、今後は紙に書きながら整理していこうと思う。

いろんな経験を経て今に至るけど
中学生までは本当に、不安で怖くて怒られないようにひっそりと生きてきた。
私が本格的に今の私に変わってきたのは、やっぱり彼氏が出来てからなんだろうな、と改めて思う。
彼氏が出来てから、色んなことを考えるようになったり、自己主張しなきゃいけないことも覚えた。
でも、彼氏という存在がいないと、今の私を自分で支えきれない、ような気がしてしまう。

でもきっと、私はもう私であって、彼氏という存在がなかったとしても、元には戻らない。
そう思うけど、でもきっとまだ怖い。
私はコントロール型の母親が物凄く嫌いで、高校の時から反発しはじめて
彼氏が出来てから、味方を得たと思うことで強く生きてきたと思う。
私にとって彼氏というのは、ある意味、後ろ楯なんだろう。
彼氏がいなくなったら、母親に取り込まれそうな気がして怖い。
たぶん、そんな感じ。
私がなにも出来ていない、どうしようもなく出来の悪い人間だ、と母親が言うから
それに必死に抗ってきたのに、やっぱりそうなのかもしれない、と思ってしまいそうで怖い。

誰かに認め続けてもらっていないと、立てない。
誰かの特別でいないと、私の価値を私が見付けられない。

私が離婚するとき、元旦那の苗字のままを選んだのは
親と同じ戸籍に戻りたくなかったから。
せっかく出たのに、家族に戻る気なんてなかったから。
今でも、子どもが自立したら私は失踪したいと思ってる。
母親から見つからない場所で生きていきたいと思ってる。
それくらいに、絶対に関わりたくない。
じゃないと私は勝手に感じてしまうから。出来損ないで価値がない、と、失敗ばかりでどうしようもない人間だ、と
言われ続けたことを忘れられないし、どこかで私自身もそれを認めてしまっていると思うから、それを感じたくない。

劣等感はきっと、克服しないとしんどくなる。
ずっとそれは思ってるし、ある程度はしてると思ってる、けど
でもきっと、根深いんだろう。

自分の強みを探すために、長所だの短所だの書いたりして
あとは、リクナビのグッドポイント診断をした。

f:id:takusannokimochi:20200920200610p:plain
f:id:takusannokimochi:20200920200626p:plain

だいたい、こういう診断をすると出てくるような結果。
そして、人からもよく言われることが多い。
決断力も、行動力も、母親に対峙するのに必要な能力だったと思う。
つけ込まれないように、強い意思を持ってスピーディーにことを進めないと
あっという間に翻されるから。
傷付くことを言われて、メンタルからやられると動けなくなるから。
そういう意味では、私はメンタルも強いかもしれない。
社会の方が断然優しい。

この5つのストレングスの中で、珍しいなと思ったのが高揚性。
こういう言葉はあまり聞いたことがなかった。
でも、この5つの中で、私が他者に一番言われる言葉だった。
きっとこれは、周りの人が認識している私に一番近いと思う。

いつも楽しそう。って、本当によく言われる。
これは、強みなのか?と思うと疑問だったけど、楽しく生きる、は私のテーマだし
私が楽しく生きることで、子どもがこの世で楽しく生きることを覚えるはずだ、と実践してきた子育て。
だから、私にとっては自信のあること、でもある。

逆に、楽しくないこと、を本当に頑張れない。
だからこそ、今もこんなことになってるんだろうなぁ

今の状況を、どう楽しめばいいのか、を考えればいいのかな
楽しければ、私は頑張れる。

一人になる、をいつかは実践しようと思うけど
独り暮らしをする、を目標にする程度でとりあえずいいのかな。
メガネとセックス出来なくなったら、多分別れるけど
それまではとりあえず現状維持かな。

しんどくて、通知OFFにしてます。
スタンプもキモいから届いたら削除してる。
今はとりあえず、ある程度の距離をおいて、今後の得策を考える。
楽しいことが増えれば、どうでもよくなるかもしれないし。

少し意識して、一人の時間を増やそう。
ノートも作ったし、思ったことを書いていこう。
子どもが友達のとこに泊まるときは、気分転換で東横インにでも泊まりに行こう。

友達たちとの飲みもあるし!
いっぱい話聞いてもらおう!!

少し浮上した気がする。
しばらくまだ、あれこれ書くかもです。