自由にたのしく、じぶんらしく。

恋愛と美容とおいしいもの。

私の恋愛

毎日、寒くて寒くて耐えられない。
冬は本当に嫌いだ。
寒いことが何よりも嫌だ。(たぶん)

昨日はピルをもらいに産婦人科へ。
もう20年ほど飲んでいる。
何歳まで大丈夫なんだったか、、前に聞いたときはまだ平気だと言われたけど。

元彼は、途中から私が無理になりセックスレス状態で(とは言っても、3ヶ月に1回くらいはしてたかも)、メガネはなかなか会えないので、もはやピルもそこまで飲まなくてもいいような気はするものの。
飲んでいる、ということが安心するので、やはりもらいに行ってしまう。

ちなみに、ピルを服用していることを私は相手に伝えていません。
なので、元彼とかは毎回きちんとゴムを使用。
私は自分の身を守る術として飲んでいるので、ピルを飲んでいると言うと勘違いされそうなので言わないのです。
もちろん、今後もメガネに言うつもりはない。

ただ、年代のせいだけにするのもおかしいだろうけど、若い人はちゃんとゴムするよね。
同年代以上は、なにも言わなきゃしないよね。と、思う。
当然のように。
まー、それもあるのかな、私がピルを飲み始めた理由のひとつとして。ゴムして欲しいって、言いずらいし。
それなら私が自主的に避妊すればいい、と思ったんだ。

今はそこまででもないけど、私はかなりの恋愛依存で、さらにセックス依存と言っても良かったんじゃないかと思うくらい、その2つは私の人生になくてはならないものだった。
本当に、生きるために必要だった、と、思う。

誰かに求められ続けて居なければ、自分の存在意義を感じられなかったから。
だから、恋人が必要で、恋人を作る手段のひとつとしてもセックスも必要で。人の温もりが安心できるから、常に常に欲しくて。

だから、相手のことをちゃんと見ていたのか、と言われたら、10代20代の頃はたぶん自分しか見ていない。
自分のために相手が必要だった。

それは今もゼロではなく、自分が好きな人といたい、くらいのライトさに変わったけど、昔は必死だった。彼氏がいない私というのは、誰にも必要とされずにこの世にいるようなものだった。

変わったのは、やっぱり子育てがあったからだろうな。
特に、離婚して息子とふたりになってから。

息子とベッタリではなかったけど、私が育てなければならない存在がある、というのは、私の存在意義になった。
その状態での恋愛は、また違うものになっていったんだと思う。

子育てもあるし、私が歳を重ねていったこともあるし、付き合う相手の性格や背景もあるし、ひとつのことで変わったわけじゃない。
いろいろなことが重なっていくうちに、今の私になった。

今でも、恋人がいない状態は、どうしても落ち着かない。
だから、すぐ作ってしまう。
そして私は、基本的に人が好きなので、よほどでなければ好きになれると思ってる。
どちらかと言うとビジュアル重視だし笑
だから、そこがクリアになれば、多少の問題ある性格でも楽しんでやっていける気はする。

恋愛や恋人に、私の人生を投げるようなことはしなくなった。
私は私の意思で、好きなように生きていく、という覚悟は昔よりは持てていると思う。
ただ、前回書いたように、盲目的に愛されることで満たされたい、とは、思うようになった気がする笑

なんにせよ、私の人生には恋人というポジションは不可欠なんだろうと思う。
恋人だけじゃなく、友達もめちゃくちゃ大事。
私は、たくさんの人と関わり続けていないと、生きていけない。これは、ホントそう思う。

実はもうすぐメガネに会います。
ハグしよー。たのしみ。笑